今年度行事 支部活動 学会誌『美術史』 国際交流 研究助成情報
全国大会 委員会報告 『美術史』論文賞 後援・協賛 要望書・意見表明一覧

国際交流

国際美術史学会(CIHA)     韓国西洋美術史学会     その他国際会議・研究会

◇ 国際美術史学会 Comité International d'Histoire de l'Art (CIHA)
       http://www.esteticas.unam.mx/CIHA/
  ◆ 研究会等 
 
国際研究会(International Conference)
 テーマ:「フランソワ1世と北方の芸術家たち(1515-1547年)」
 Francis I and the Artists of the North (1515-1547)
 開催日:2016年2月25-26日
 主催者:ブリュッセル王立文化財研究所

 CIHAの後援による上記の国際研究会が予定されています。
 発表要旨の応募締め切りは 
2015年4月30日 です。
 応募方法など詳細については、以下の CIHAのウェブサイトを閲覧してください。
 http://www.esteticas.unam.mx/CIHA/

・国際研究会(International Conference)
 テーマ:「イメージの沈黙:芸術的インヴェンションの理論と過程」
 Silence of Images: Theories and Processes of Artistic Invention
 開催日:2015年12月11-12日
 主催者:ローマ、国立21世紀美術館(Maxxi)、ヴァティカン美術館ほか

 CIHAの後援による上記の国際研究会が予定されています。
 発表要旨の応募締め切りは
2015年5月31日 です。
 応募方法など詳細については、CIHAのウェブサイトを閲覧してください。

・CIHA第34回大会 (北京) 総合テーマ:「用語」
 開催日:2016年9月15-22日
 CIHA第34回北京大会(2016年)が計画されています。
総合テーマは、「Terms」。“Words and Concepts”, “The Rank of Art”, “Imagination and Projection”, “Appreciation and Utility” など、21の分科会が予定されていて、第13分科会“Transmission and Adoption”の議長の一人を九州大学の井手誠之輔教授が務められます。

研究発表が公募されておりますので、美術史学会員の皆様に応募をお勧めします。
応募の締切は
2015年6月30日 です。
 応募方法など詳細については、CIHAのウェブサイトを閲覧してください。
 
  ◆ 大会予定
 
☆ 2013 CIHA Colloquium in Naruto “Between East and West: Reproductions in Art”
    開催日2013年1月15日-18日

 すでに、国際美術史学会(CIHA)のコロキウムBetween East and West: Reproductions in Art(洋の東西の美術における複製)が、CIHA国内委員会、大塚国際美術館、美術史学会の主催で、2013年1月15日~18日に徳島県鳴門市の大塚国際美術館で開催されることは、学会HPでもお知らせしております。このたび、研究発表者が決まりProgramに明記されるとともに、一般参加の募集が始まりました。同掲載のプログラムをご覧になり、参加を希望される会員の方は、以下のHPにアクセスして12月25日までに申し込みを行ってください。
 http://www.l.u-tokyo.ac.jp/CIHA/


☆ 第33回大会 (ニュルンベルク)
    開催日:2012年7月15-20日  
    総合テーマ:「物の挑戦」

CIHA第33回ニュルンベルク大会(2012年)が計画されています。
総合テーマは、The Challenge of the Object
21セクションが予定されており、” Questioning the Object of Art History”, “The Concept of the ‘Original’ as Hermeneutical Problem”, “On Religions and their Objectivations as seen from Intercultural”, “The Object as Subject”, “Musealization of Objects: Art History versus Cultural History?” などのテーマが含まれています。
美術史学会員の皆様に発表参加をお勧めします。
発表要旨申請締切は2011年4月30日です。

詳細や発表申し込みなどについては、以下の CIHA ニュルンベルク大会のウェブサイトを閲覧してください。
   http://www.ciha2012.de/
   http://www.ciha2012.de/programm/die-21-sektionen.html (プログラム)

   大会案内ポスター
   大会案内チラシ


第33回国際美術史学会 (CIHA) 世界大会 若手研究者の報告募集

今年7月にニュルンベルグで開催される第33回CIHA世界大会で、博士課程の学生およびポスドクを対象にポスター・セッション、ショート・レクチャー、ワークショップなどのプログラムが行われるということについて参加を呼びかけています。またこのプログラムへの参加費用の助成も行われています。プログラムの概要、参加や助成の申し込み方法については、以下のウェブページをご参照ください。締め切りは、2012年2月15日です。
http://www.ciha2012.de/en/call-for-papers/postgraduate-program.html
 
  ◆ 国際美術史コンソーシアム春期アカデミー
 
 ☆ 第9回国際美術史コンソーシアム春期アカデミー (フランクフルト・アム・マイン)
    開催日:2011年5月16-20日  
    テーマ:「芸術家」

扱われるテーマは以下の通りです。
「芸術家という神話」、「芸術的制作の概念」、「芸術的才能というトポス」、「芸術家になるための訓練」、「没後の芸術家」、「作品のなかの芸術家、作品としての芸術家」、「個人的表象と自己スタイリング」、「作者としての芸術家の消滅」、「社会的存在としての芸術家」、「芸術家イメージの伝播と媒介」。
大学院生(博士課程・ポスドク)または教員で発表を希望する方は、以下のPDFファイルとウェブサイトを閲覧してください。
    PDFファイル
    http://www.proartibus.net/
 
◆2008年国際美術史学会論集出版
2008年1月にメルボルンで開催された国際美術史学会の論集が、来年出版される予定です。
注文数に応じて部数を決めるそうですので、ご希望の方は各自お申込ください。

詳細はこちら

目次はこちら

◆ 美術史国際研究会(International Conference of the History of Art)
CIHA事務局より、下記の美術史国際研究会(International Conference of the History of Art)での研究発表の募集があります。
発表要旨の応募締め切りは2007年5月15日です。
電子メールで受け付けます。奮ってご応募ください。ブタペストの美術史研究所The Institute of Art Historyの主催です。
発表言語は英語、フランス語およびドイツ語です。

HOW TO WRITE ART HISTORY – NATIONAL, REGIONAL, OR GLOBAL? 
BUDAPEST, HUNGARY, 21st – 25th NOVEMBER, 2007
SECTION I
THE HISTORICAL NOTION OF REGION: UNITS OF POLITICAL GEOGRAPHY THEN AND NOW
SECTION II
THE METHOD OF KUNSTGEOGRAPHIE
SECTION III
STYLE AND DIALECT
SECTION IV
GLOBAL TASKS OF REGIONAL INSTITUTIONS, MUSEOLOGY AND PROTECTION OF MONUMENTS

本研究集会の目的は、地元の美術史的な語りを地域的、もしくは国際的な文脈に位置づけることである。
様式の歴史や時代の歴史として「国別の」美術史を記述することが今なお可能なのか?
ここ数十年のあいだ、美術史を記述する新たな方法論が発展してきている。
その若干の例を挙げると、美術批評史、ポスト構造主義、ヴィジュアル・スタディ、文化人類学、Bildwissenschaftなどである。
新しい芸術哲学は美術史とコンテンポラリー・アートに対する新美術批評とのあいだの関係性から出現するのかもしれない。
近年の研究集会での発表において地図製作とかカルトグラフィーという概念が普及したことは、
地理学用語において理解されている「フィールド」を探究することへの新たな関心が生まれつつあるのを予告している。

主催者は地域的、国際的あるいはグローバルな展望から取り組まれる美術史と伝統的な「国別の」美術史とを
比較する発表申し込みを求めています。
上記のどのセクションも、議長の導入講演に続く、30分の研究発表2本、15分の研究発表4本、それに討論からなり、
研究発表の長短は主催者が決定します。
250語の発表要旨を、応募者の専門的な履歴書(CV)と主要業績リストとともに2007年5月15日までに、
メール・アドレス arthist@arthist.mta.hu に送信してください。
所属機関・職名、住所、電話番号および希望のセクションを明記のこと。

なお詳細は、http://www.esteticas.unam.mx/CIHA/Budapest/CallEnglish.html
をご参照ください。


◆ 大会予定

  ☆ 第32回大会 (メルボルン)  13-18 January 2008   テーマ「諸文化の交錯」

CIHA第32回メルボルン大会(2008年)が計画されています。
総合テーマは
 Crossing Cultures: Conflict, Migration, Convergence
現在、12のセッションを準備中で、さらに5つのセッションを検討中。
そのうち、Representations of War セクションに早稲田大学丹尾教授が中心的に関わる予定。さらに日本よりの要請に応え、新たに Art Histories of Asia 500-1900 のセッションを設置(議長は、田中英道日本代表委員となる模様)。また Cultural and Artistic Exchange in the making of the Modern World, 1500-1900 のセッションにもジャポニスムやシノワズリのテーマによる発表が可能である。
美術史学会員の皆様に発表参加をお勧めします。
詳細は CIHA メルボルン大会のホームページ
      http://www.cihamelbourne2008.com.au/
を閲覧してください。

問い合わせ:
  Professor Jaynie Anderson(大会主催者代表)
  Herald Chair of Fine Arts
  School of Art History, Cinema, Classics and Archaeology
  The University of Melbourne, Victoria 3010
  Tel: 03-83445514 Fax: 03-83445563

なお、2012年にはミュンヘンで大会が開催される予定です。
CIHA国内委員会事務局 小佐野重利(東京大学美術史研究室)
 
◇ 過去の大会(参考): 
  ☆ 第31回大会 (モントリオール) 2004.8.23-27   テーマ「美術史の地形と領土」
      http://ciha2004.uqam.ca/ciha_htlm/v_anglaise/accueil.html
  ☆ 第30回国際美術史学会(ロンドン) 2000.9.2-8
      http://www.sussex.ac.uk/Units/arthist/CIHA2000/index.html
  ☆ 第29回国際美術史学会(アムステルダム) 1996. 9. 1-

◇ 過去のコロキウムなど(参考):
  ☆ ミュンヘン・クラコフ小大会 2003年9月 テーマ「近代国家と都市建築の交わり」
  ☆ ローマ・コロキウム 2003年   テーマ「アカデミーとアカデミズム」
  ☆ コペンハーゲン・コロキウム 2002年5月3日~5日
         テーマ「地平線を越えて―東西相互の影響」


◇ 韓国西洋美術史学会
◆ 国際シンポジウム

  ☆ 韓国西洋美術史学会 2005年度国際シンポジウム
     テーマ 「東アジアの西洋美術史」』
     開催日:2005年 4月中
     場所:ソウル市(未定)

    
研究発表募集 詳細はこちら


◇ その他国際会議・研究会
  国際会議「日本美術、ジャポニスム、ポーランドと日本の美術関係をめぐって」

  ポーランドの古都クラクフにて、上記のような国際会議を開催します。
名 称: 「日本美術、ジャポニスム、ポーランドと日本の美術関係をめぐって」
日 時: クラクフ 2010年10月21日―23日
主 催: 日本美術・技術センター「マンガ」館

この会議において報告を希望される方は、英文要旨(英語で150語まで)を会議主催事務局
     krakow@sztukaorientu.pl
に、
2010年4月30日までにお送りください。
トピック等の詳細については こちら をご覧ください。

英文の詳細については こちら をご覧ください。
 
◆美術史国際研究集会の第2次発表募集

SAVAH(South African Visual Arts Historians)主催、CIHA後援による、以下の国際研究集会での第2次発表募集があります。

Other Views: Art History in (South) Africa and the Global South
University of the Witwatersrand, Johannesburg
12-15 Jauary 2011

本国際研究集会の趣旨、取り扱う問題、主催者等の詳細については、別紙をご参照ください。
発表要旨の応募締め切りは2010年3月末です。
電子メールで受け付けています。
要旨は英語で250語以内、発表は3000語以内で、発表時間は20分以内を厳守とのことです。英文要旨は、履歴・研究歴・共同研究歴等に関する情報を添えて、以下のメールアドレスに送付してください。採否は、2010年6月初めまでに通知されます。
なお、上記の個別研究発表のほかに、パネル討議に関するプロポーザルも受け付けています(2009年12月末締め切り)。
federico.freschi@wits.ac.za

All Rights Reserved, Copyright(C) 2002- The Japan Art History Society