各年度の支部活動
>>> 過去ログ index >>> 最新の 支部活動

2002年度 支部活動  
注:年度の分け方は学会の会計年度(6月から翌年5月)に合せてあります。
2002年度
東支部 西支部
担当:幸福輝委員
日時 2003年3月22日(土) 14:00~
場所 国立西洋美術館 講堂
研究発表 「聖なる場面との対峙:初期ネーデルラント絵画に描き込まれた寄進者像」
木川弘美(日本学術振興会特別研究員))

「ウィレム・ファン・ミーリスの店舗画―18世紀前半における17世紀オランダ風俗画の受容と継承―」
青野純子(東北大学大学院/ユトレヒト大学大学院)
担当:錦織亮介委員、米村典子委員
日時 2003年3月22日(土) 13:30~
場所 九州大学国際研究交流プラザ
(福岡市早良区西新2-16  電話:092-831-8104)
http://www.kyushu-u.ac.jp/somu-bu/kenkyukyoryoku-ka/nishijin/info.map.htm
研究発表 「ジェームス・マックニール・ホイスラーと日本」
小野文子(グラスゴー大学)

「朝鮮前期の観音菩薩の様式的変容とその応身妙法の図像―京都・知恩院蔵『観音菩薩三十二応幀』を手掛かりとして―
姜素妍(京都大学大学院)
2003年1月例会(担当:稲木吉一委員)
日時 2003年1月25日(土) 午後2時~
場所 女子美術大学 杉並キャンパス 2号館 2207教室
(杉並区和田1-49-8 営団地下鉄丸の内線東高円寺駅下車徒歩8分)
研究発表 「ドヴァーラヴァティー美術における法輪図像の諸相―仏三尊像の図像を中心に―」
原田あゆみ(沖縄県立芸術大学大学院)

「歴博乙本〈洛中洛外図〉の筆者・制作年代再考」
馬渕美帆(東京大学助手)
2003年1月例会(担当:岡田温司委員、並木誠士委員)
日時 2003年1月25日(土) 午後1時30分~
場所 芝蘭会館
(京都市左京区吉田牛の宮町11-1 京都市バス京大正門前下車徒歩2分)
研究発表 「絵画から写真へ―ロトチェンコにおけるモンタージュ・ファクト・ファクトゥーラ」
江村公(京都大学大学院卒)

「天神縁起絵の変容―道明寺説話の場合―」
鈴木幸人(大阪市立美術館)
2002年度美術史学会東支部大会の御案内

     担当:有賀祥隆(東北大学)
        岩崎和子(東京成徳大学)

 美術史学会東支部大会として、以下のように山形県内見学
会を開催いたします。参加希望の方は、お手元に到着の返信
はがきにて、9月13日(金)必着で、集合希望場所を選んで申
し込んで下さい(集合・解散はそれぞれ2箇所で行います)。
 参加者には、後ほど詳細をお知らせいたします。

     記

日時  2002年10月19日(土)~20日(日)
   19日集合 10:00 仙台駅西口 あるいは
        11:10 山形駅東口
   宿泊    山形ワシントンホテル
   20日解散 16:00 山形駅東口 あるいは
        17:00 仙台駅西口
費用    15000円
     (宿泊代含む、昼食2回、朝食1回付き。
      貸切バスの費用は学会が補助)
見学予定地 立石寺・松尾山観音
      吉祥院・熊野神社・平塩寺・慈恩寺
参加定員  申し込み先着50人
平成14年度美術史学会西支部大会の御案内

     担当:泉 武夫(京都国立博物館)
        淺湫 毅(同上)

 下記のとおり西支部大会を開催いたします。参加
ご希望の方は、お手元の返信はがきでお申し込みく
ださい。

     記

日時   2002年8月30日(金)~31日(土)
見学先  伊豆方面(韮山町・修善寺町・河津町ほか)
     願成就院・修善寺・修善寺町郷土資料館・金龍院・
     南禅寺・善光庵ほか(予定)
宿泊   ホテル桂川(予定・原則として相部屋)
     0558-72-0810
集合   JR三島駅(東海道本線)
     8月30日(金) 午後1時
解散   JR熱海駅(東海道本線)
     8月31日(土) 午後5時半頃
参加費  23000円(予定)
     ※宿泊代、30日夕食、31日朝食・昼食代含む
申込締切 8月15日(木) 京都国立博物館必着
東支部例会(担当:岩崎和子委員)

日 時 : 2002年7月27日(土) 14:30~

場 所 : お茶の水女子大学 人間文化研究科棟 6階 大会議室

研究発表 :

「1893年シカゴ万国博覧会「女性館」
  ~「芸術」と「女性の領域」」
味岡京子(日本女子大学研究生)

「1890年代におけるヴュイヤールの装飾画と女性表象」
牧野理絵(お茶の水女子大学大学院)
西支部例会(担当:狩野博幸委員、鐸木道剛委員)

日 時 : 2002年7月27日(土) 13:30~
場 所 : 御車会館(文部科学省共済組合京都宿泊所)
〒602-0841 京都市上京区河原町今出川下ル二筋目東入ル
 電話:075-211-5626~8

研究発表 :

「御室焼唐物写組茶入をめぐる考察」
梶山博史(島根県立美術館)

「ヒエロニムス・ボスにおける解釈の問題」
神原正明(倉敷芸術科学大学)


このページのトップへ            最新のTop & Whtat's new?のページへ

All Rights Reserved, Copyright(C) 2002-  The Japan Art History Society