関連機関 お知らせ      リンク集


◇ 藝術学関連学会連合 第11回公開シンポジウム「ニュースを創り出すアートの力」

日時: 2016年6月11日(土) 13:30~18:00 (13:00開場)
会場: 早稲田大学 戸山キャンパス 382教室 (36号館3階)
アクセス:こちら
参加学会: 意匠学会、国際浮世絵学会、東北藝術文化学会、東洋音楽学会、日本映像学会、
日本演劇学会、日本音楽学会、日本デザイン学会、美学会、比較舞踊学会、
美術科教育学会、美術史学会、広島芸術学会、服飾美学会、舞踊学会
趣旨:  芸術的な表現がどのようになされ、受容されてきたのか、という問題については、これまでにも様々な場で解釈がなされてきた。作品表現の中には、作り手や表現者の意思、個性以外にも多くの要素が含まれ、背景にある社会通念や社会情勢、政治的なメッセージ、同時代の流行などを読み解くことは作品を理解するための重要な作業となる。情報を伝達する「ニュース性」を持った作品は、絵画、写真、映像、音楽、演劇などにも数多くみられるものであり、こうした作品が生み出された状況や文化的環境に与えた影響について、多角的に検討することには大きな意義があると思われる。
 「ニュース性」をキーワードにすえると、様々な問題が浮かび上がってくるだろう。その作品が果たしたメディアとしての役割を明らかにすることも重要であり、その過 程で加わり得る人為的な操作を検証する必要も生じる。また時には、ニュース性を帯びるが故に、独特な表現が生まれる場合もある。例えば、幕府の出版統制を受け、浮世絵版画では規制の対象となり得る内容を描く場合に、別のものに置き換える作業を経てカモフラージュし、重層的にニュースを伝える。あるいは、報道写真についても、被写体や構図や撮影する瞬間の選択から、時に加えられる演出やキャプションの言葉に至るまで、伝えることと創ることにまつわる幾多の要因が介在する。
 客観的な事実の報道にとどまらず、一つの「作品」としてニュースが創出され、そこから新たな流行や世界観が生み出されることがある。こうした大きな流れを生み出すアートの力について、政治的な観点、あるいは戦争や災害等に特化するのではなく、ファッションや最新文化などの情報伝達にも積極的に目を向け、各方面から検討したい。
オーガナイザー: 藤澤茜(国際浮世絵学会・学習院大学)、武田潔(日本映像学会・早稲田大学)
プログラム:
13:30~13:45 開会の辞
挨拶:礒山雅(藝術学関連学会連合会長)
趣旨説明:藤澤茜(国際浮世絵学会・学習院大学)
司会:武田潔(日本映像学会・早稲田大学)
13:45~16:15 報告
「ニュースになった江戸文化 ―浮世絵が創る「時代の顔」―」
 藤澤紫(国際浮世絵学会・國學院大學)
「語りの変遷 ―作られる白虎隊イメージ―」
 川延安直(東北芸術文化学会・福島県立博物館)
「藤田嗣治《アッツ島玉砕》(1943)と「玉砕」の誕生」
 長田謙一(美術科教育学会・名古屋芸術大学)
「見えるものは真か偽か」
 小松弘(日本映像学会・早稲田大学)
「政吉ヴァイオリンがニュースになるとき」
 井上さつき(日本音楽学会・愛知県立芸術大学)
    「音による出来事の表現の展開 ―録音コンテストの記録から―」
 金子智太郎(美学会・東京工芸大学)
    「萌芽的文化とアート概念の拡張 ―神戸ビエンナーレ、10年の試み―」
 大森正夫(意匠学会・京都嵯峨芸術大学)
16:30~17:50 討論
17:50~18:00 閉会の辞
挨拶:山﨑稔惠(藝術学関連学会連合副会長)
詳細: こちら
問い合わせ: 〒236-8503 神奈川県横浜市金沢区六浦東1-50-1
関東学院大学 人間環境学部 人間環境デザイン学科 山﨑研究室内
藝術学関連学会連合 事務局
Fax: 045-786-7883
備考: 入場無料/申し込み不要

 
◇ 公開シンポジウム「人文・社会科学と大学のゆくえ」

日時: 2015年07月31日(金) 14:00~17:00
会場: 日本学術会議 講堂
主催: 日本学術会議 第一部
参加料: 無料
趣旨:  文部科学大臣は去る6月8日、各国立大学法人に対して、「国立大学法人等の組織及び業務全般の見直しについて」の通知を行ないました。そこでは、国立大学法人の組織の見直しにさいして「特に教員養成系学部・大学院、人文社会科学系学部・大学院については、18歳人口の減少や人材需要、教育研究水準の確保、国立大学としての役割等を踏まえた組織見直し計画を策定し、組織の廃止や社会的要請の高い分野への転換に積極的に取り組むよう努めることとする」とされています。このことがわが国における人文・社会科学のゆくえ、さらには国公私立を問わず大学のあり方全般にどのような影響を及ぼすか、また今後、人文・社会科学はいかにあるべきか、どのような役割をはたすべきかについて、緊急に討論を行ないます。
 日本学術会議の会員・連携会員、大学関係者のみならず、この問題に関心をお持ちのメディアや市民の皆さまのご参加をお待ちしています。
プログラム:
14:00 趣旨説明
小森田秋夫(日本学術会議第一部会員・第一部長、神奈川大学法学部教授)
14:10
酒井啓子(日本学術会議連携会員、千葉大学法政経学部教授、地域研究)酒井啓子(日本学術会議連携会員、千葉大学法政経学部教授、地域研究)
久保亨(日本学術会議第一部会員、信州大学人文学部教授、史学)
三成美保(日本学術会議第一部会員、奈良女子大学研究院生活環境科学系教授、法学)
本田由紀(日本学術会議第一部会員、東京大学大学院教育学研究科教授、社会学)
須藤靖(日本学術会議第三部会員、東京大学大学院理学系研究科教授、物理学)
15:00 全体討論
司会:杉田敦(日本学術会議第一部会員・第一部副部長、法政大学法学部教授)
16:50 全体討論のまとめ
井野瀬久美恵(日本学術会議第一部会員・副会長、甲南大学文学部教授)
17:00 閉会
詳細: こちら
問い合わせ: 日本学術会議事務局 審議第一担当 金西、石部
E-mail:scj251@cao.go.jp
備考: 事前申込不要、入場自由

(2015年7月16日 掲載)

このページのトップへ

All Rights Reserved, Copyright(C) 2002- The Japan Art History Society